「受験のフツー」研究所 これからの受験生必見、受験の体験談やホンネを大分析!
研究所Top
  • LINE
  • twitter
  • facebook
第1志望校に合格した先輩がやっていた7つのこと。
先輩に学ぼう!受験生の心得。

人生の中でも大事な受験の時期、みんなはどうしてる?そんな受験生の不安を「受験のフツー」研究所がデータで解決!
受験生になったらどんな生活をすればいい? 今回の研究は、みんなが知りたい受験生の現実に迫り、7つの心得にまとめました。 ※2016年10月~2017年3月で受験を経験した、現在高校生・大学生の男女100人を対象に調査しました。

研究所からのアドバイスはコチラ

心得1 志望校選びは焦るべからず。

高校受験生の約7割が中3になってから、対して大学受験生は約半数が高2以前に決めているという結果になりました。逆に、早い時期に志望校を決めている人も少なからずいます。情報収集だけでも早めにしておくと、後がラクかもしれませんね。

心得2 部活動は悔いなく、引退後は未練なく。

高校受験生では約3割の人が3年の夏休みまで、大学受験生では4割近い人が3年の1学期まで部活動をして、第1志望合格を勝ち取っています。部活動で鍛えた集中力で、しっかり気持ちを切り替えれば、部活動と受験は両立できるようですね。

心得3 塾に通うのに早すぎることなし。

高校受験生・大学受験生ともに、6割以上の人が2年生までに塾や予備校に通い始めています。第1志望に合格するためには、早めに塾などで勉強を始めた方がより効果的なようですね。

心得4 勉強は反復が基本と心得よ。

高校受験生で半数以上、大学受験生はなんと7割以上の人が、同じ参考書や問題集をくり返し使っているようです。同じ問題をくり返し解くことは、学んだ知識を効率よく定着させやすいメリットがあるそうですよ。

心得5 ライバルはもっと勉強していると思え。

高校受験生の約半数が1~2時間の勉強時間。大学受験生では約半数が2~4時間という結果になりました。友だち同士では、意外にホンネを言わない勉強時間。キミは多い?それとも少ない?

心得6 合格には適度な睡眠を取るべし。

高校受験生の約半数の人が6~8時間睡眠、対して大学受験生は5~6時間の人が4割強という結果です。中には睡眠時間4時間未満でがんばっているという衝撃の回答も!勉強も大切ですが受験は長期戦、きちんと休養をとることも大切ですよ。

心得7 だらだらスマホに気をつけよ。

高校・大学受験生ともに約6割の人が1時間未満という結果になりましたが、4時間以上使っていた猛者も数%…!スマホは情報収集や、スケジュール管理などにも役立つ反面、夢中になって遊んでしまうことも。ルールを決めて、自己管理することが大切です。

研究所からのアドバイス

第1志望合格を勝ち取った先輩たちの生活習慣や勉強方法と7つの心得、いかがでしたか?受験生のみなさんがこれから本格的に勉強を始めるにあたり、自分と違うところを見つけ、いい点や役立ちそうな習慣はぜひ取り入れてみてください。また、心得4や心得7などは、受験のプロであるの先生に相談するのもいい方法。ぜひ、1人ひとりに合った生活習慣や勉強方法を取り入れ、志望校に向かってがんばってください!

研究所Top

注目のトピック

参考サイト

オススメ情報

ページトップへ戻る