「受験のフツー」研究所 これからの受験生必見、受験の体験談やホンネを大分析!
研究所Top
  • LINE
  • twitter
  • facebook
家で勉強していたとき、眠気覚ましに効果的だったことは?
受験勉強は眠気との戦い!?頭をスッキリさせる5つのコツ

人生の中でも大事な受験の時期、みんなはどうしてる?そんな受験生の不安を「受験のフツー」研究所がデータで解決!
受験生の宿敵ともいえる勉強中の眠気、どう解消したらいい?私はコレで乗り切った!という、睡魔に打ち勝つ方法を先輩たちに聞きました! ※2014年10月~2015年3月で受験を経験した、現在高校生、大学生の男女100人を対象に調査しました。

研究所からのアドバイスはコチラ

第5位 すっきりサッパリ!お風呂に入る【15票】

お風呂でサッパリとすれば、イイ気分転換にもなりそうですね。ゆっくり湯船につかるとウトウトしてしまいがちなので、シャワーをザッと浴びるくらいがちょうどよいでしょう。冷たい水で顔を洗うのも、頭がスッキリして効果ありですよ。

第4位 噛んで眠さを解消!夜食やおやつをたべる【17票】

おせんべいやガムなど、噛みごたえがあってアゴを使う食べものは眠気覚ましになるといわれています。だからといって、食べ過ぎはNG!お腹いっぱいになってさらに眠くなった…なんて負のスパイラルが待っているかもしれません。また「受験太り」の原因になってしまうことも…。

第3位 眠気覚ましといえばコレ、コーヒーやお茶を飲む【28票】

コーヒーやお茶にふくまれている「カフェイン」は、眠気が覚める成分の代表格。コーヒーが苦いから目が覚める、というわけではありません!コーヒーが苦手な人には、緑茶や紅茶にも同じ成分が含まれているのでおススメです。ただし、カフェインをとりすぎると、目が覚めすぎて夜眠れなくなることも。ひと息入れるときは、カップ一杯を目安にしましょう。

第2位 いっそ一回寝てみる!?軽く仮眠をとる【32票】

眠いときはちょっと仮眠してスッキリ…って結局寝るんかい!というツッコミも入りそうですが、短時間の仮眠には確かに、頭をリセットする効果があります。ただし、もちろんこれは「ちゃんと起きられたら」のお話。仮眠のつもりが、気づけば朝になっていた…という、失敗ととなり合わせの方法でもあるのです。みなさん、くれぐれもアラームのセットは忘れずに。

第1位 好きな曲で気分をリフレッシュ!音楽を聴く【37票】

最も多かったのは「音楽を聴く」という方法でした。好きな曲を流せば、気持ちもアガりますよね?なかでもオススメなのは、アップテンポで明るい曲を聴くこと。ノリノリな音楽なら、眠さに勝てること間違いなし!反対にスローテンポな曲だと、気づかないうちに、子守歌になって…zzz。

ベスト5には入りませんでしたが、こんな方法も。大きな声で好きなうたを歌うことは、眠気を吹き飛ばす効果があるといわれています。ただし、場所と時間には注意。夜中にいきなり大声で歌うと、家族がビックリして怒られてしまうかも。もしかすると、お母さんのカミナリが一番効き目があったりして…?

研究所からのアドバイス

いかがでしたか?こうしたコツを知っていれば、勉強中の眠気に悩むことも減りそうですね。人の体の仕組みとして、ごはんの後や夜になると誰でも眠くなってしまうもの。1年間受験勉強を続けていくためには、ちゃんと睡眠時間をとることも大切です。そのうえで、勉強するときは、この記事で紹介した方法も取り入れながら、集中できる場所でやると、きっと勉強がはかどるはず。図書館やの自習室など、自分にピッタリな眠くならない勉強場所を探してみましょう。

研究所Top

こんな記事も読まれています。

参考サイト

ページトップへ戻る