「受験のフツー」研究所 これからの受験生必見、受験の体験談やホンネを大分析!
研究所Top
  • LINE
  • twitter
  • facebook
受験のことで迷ったとき、どうやって調べてた?
誰に聞いた?受験生の情報収集・相談先ランキング

人生の中でも大事な受験の時期、みんなはどうしてる?そんな受験生の不安を「受験のフツー」研究所がデータで解決!
そろそろ進路相談も始まるけど…受験の情報ってどう調べるべき?相談相手や情報源などを、合格した先輩たちに聞いてみました! ※2015年10月~2016年3月で受験を経験した、現在高校生・大学生の男女100人を対象に調査しました。

研究所からのアドバイスはコチラ

第5位 お互い相談しながら乗り越える!友だちや同級生に聞いた【11票】

友だちなら何気ない会話の中で「志望校もう決めた?」「学校説明会どうだった?」と自然に情報交換をしやすいですね。まわりの子の話を聞いたりがんばる姿を見たりすることで、いい刺激にもなります。けれど、受験モードの時期には成績や進路のことでピリピリしてしまうことも…。友だちに聞く場合は、気軽に聞きやすい1学期・前期の今がベストかも!

第4位 親身になってくれるのはやっぱり家族。保護者に聞いた【28票】

受験は人生にもかかわってくることなので、やはり保護者に聞いたという先輩も多いですね。家族だからこそ、あなたの「今」だけではなく「将来」のことまで見据えてアドバイスしてくれるのが、最大のポイント!過去の受験経験なども、この際なので聞いてみてもよいかもしれません。

第3位 頼りになるのは受験の専門家!塾や予備校の先生・チューターなどに聞いた【34票】

受験の情報を聞きたいなら、間違いないのが塾や予備校の先生!受験のプロフェッショナルなので、学校や入試の情報はもちろん、勉強対策までトータルで教えてくれる強い味方です。とくに、現役大学生の講師やチューターさんであれば、「今の受験」を肌で経験している頼もしい存在!年齢も近いので、先輩感覚で聞きやすいというのも人気の理由ですね。

第2位 確かな情報は、やっぱり本でしょ!自分で受験案内や情報誌で調べた【43票】

受験情報誌は毎年更新されており、そのとき最新の学校データなどが1冊であらかた調べられるようになっています。進路を決める際の学校調べなどで大いに役立ちますよ!偏差値だけでなく、入試の傾向や部活動の特徴まで紹介されていることも。多くの学校を比較しながら探せるのも便利です。学校でも用意されていることがほとんどなので、積極的に活用しましょう!

第1位 スマホでサクッと!情報量もバツグン。自分でネットで調べた【63票】

ちょっとした疑問なら、誰かに聞くよりネットで検索!という先輩が最も多いようです。なんといっても簡単にスマホですぐに調べられるのがネットのよいところ。学校のHPには、入試情報やブログなどが発信されているので、最新情報を見るのにうってつけ。ただし、便利なものには落とし穴も…!サイトによっては、間違った情報や誰が書いたのかわからないウワサ話だった、なんてことも珍しくありません。信頼できる情報か、自分でしっかり見極めることも肝心です。

研究所からのアドバイス

受験情報については、まずは自分でネットや情報誌から調べるという人が最も多いという結果になりました。しかし、情報がたくさんある分、どれが自分に合っているのか判断するのは受験生にとっては難しいものです。ある程度自分で調べたあとは、具体的にアドバイスをくれる人にも直接相談してみましょう。の先生なら何年も受験に関わっているプロなので、進路選択から志望校に合った勉強法まであなたの助けになってくれますよ。迷ったら一度、塾の無料相談を活用してみるのもよいでしょう。

研究所Top

こんな記事も読まれています。

参考サイト

ページトップへ戻る