「受験のフツー」研究所 これからの受験生必見、受験の体験談やホンネを大分析!
研究所Top
  • LINE
  • twitter
  • facebook
受験勉強の山場となる夏休み!子どもの夏バテ対策はどうしてた?
受験生の夏バテ対策、家庭で気をつけるべきことは?

子どもが受験生になったとき、親はどう向き合ったらいい?そんな保護者の不安を「受験のフツー」研究所がデータで解決!
夏休みは勝負の分かれ目!この時期にしっかり勉強できるよう、お子さんの体調のために家庭ではどんなことを心がけていたのでしょうか? ※2015年10月~2016年3月で受験を経験した、現在高校生・大学生のお子さまをもつ保護者100人を対象に調査しました。

研究所からのアドバイスはコチラ

体調管理で気をつけるべきは、一に栄養、二に環境。

1位 食事・栄養【49票】 2位 エアコン温度など住環境【23票】 3位 気晴らし【7票】 4位 健康【5票】 5位 その他【4票】

バテやすい夏の体調管理のために、多くの家庭で食事や栄養面を意識している傾向が見られました。まずは毎日、三食の栄養バランスを考えること。そして、暑さ対策をして勉強しやすい環境を整えること。この2つが、家庭で実践すべき夏を乗り切るポイントとなりそうです。

豚・夏野菜・酢・発酵食品で、わが家は夏バテ知らず!

暑すぎも、冷やしすぎもNG!冷房は28℃を目安に。

研究所からのアドバイス

受験生にとって勝負となる夏休み。ですが、連日の暑さで体力的にもバテてしまったり、時間の自由がある一方で、自分のペースが作れずにいると焦りもでてくる時期です。家庭では、食事での栄養面や生活面のサポートをしていくことが肝心。勉強面に関しては、「勉強に集中できるように塾の夏期講習に行かせた」と、学習環境に気をつけたという声もありました。個別指導塾の夏期講習なら、お子さんに合わせたカリキュラムを組めるので、勉強への精神的な負担も軽減できそうです。

研究所Top

こんな記事も読まれています。

参考サイト

ページトップへ戻る