「受験のフツー」研究所 これからの受験生必見、受験の体験談やホンネを大分析!
研究所Top
  • LINE
  • twitter
  • facebook
面接や自己PRについて、親が受験生の子どもにできるアドバイスとは?
面接の対策を始めなきゃ!親は子をどうサポートする?

子どもが受験生になったとき、親はどう向き合ったらいい?そんな保護者の不安を「受験のフツー」研究所がデータで解決!
入試の形態が多様化する昨今、ますます受ける機会の多くなった面接。受験生の子に対して、保護者が何をアドバイスしたかを調査しました! ※2015年10月~2016年3月で受験を経験した、現在高校生・大学生のお子さまをもつ保護者100人を対象に調査しました。

研究所からのアドバイスはコチラ

面接や自己PRについて、どんなアドバイスをしていたの?

1位 表情や話し方など印象【33票】 2位 アピールする具体的な内容【22票】 3位 自信や落ち着くことなど精神面【19票】 4位 学校の先生や塾にまかせた【7票】 4位 正直でいるように促した【7票】

アンケートで票数の多い順に見ると、1位が話し方などの印象に関するアドバイス。次に、どんなことを話すかという具体的なアドバイス。そして、リラックスさせたり自信を持つよう気持ちの面でのアドバイスとなりました。面接における保護者のアドバイスには、主に「本人の印象」「話の内容」「精神面」の3つのポイントがあると言えそうです。

笑顔や話し方など「本人の印象」タイプ

自己PRなど「話の内容」タイプ

気持ちの部分など「精神面」タイプ

研究所からのアドバイス

親としては、はげましの声掛けや応援の言葉によって、お子さんの緊張をほぐしたり勇気づけてあげたりするよう意識しましょう。面接対策の話をきっかけに、お子さんのがんばりを感じたり、長所・短所を改めて見直したりする機会にもなりますよ!ただ、実践的な練習は家ではなかなか難しいことも…。そんなときは、推薦やAO入試対策をしてくれるの先生におまかせするのもワザですよ。面接対策をはじめ、小論文対策、志願理由の書き方など、たくさんのノウハウがあるのでしっかりフォローしてくれます。

研究所Top

注目のトピック

参考サイト

オススメ情報

ページトップへ戻る