「受験のフツー」研究所 これからの受験生必見、受験の体験談やホンネを大分析!
研究所Top
  • LINE
  • twitter
  • facebook
子どもも親も不安な時期。親は自分の不安をどうコントロールしてる?
子どもの受験で不安いっぱい!【不安の解消法】編

子どもが受験生になったとき、親はどう向き合ったらいい?そんな保護者の不安を「受験のフツー」研究所がデータで解決!
前回【親子でバトル】編をご紹介しましたが、そもそも不安が解消できればこうしたバトルも起きないはず。先輩保護者は不安の種をどう解消したのでしょう? ※2015年10月~2016年3月で受験を経験した、現在高校生・大学生のお子さまをもつ保護者100人を対象に調査しました。

研究所からのアドバイスはコチラ

子どもの受験で不安なとき、どうやって解消していましたか?

1位子どもと話し合う【55票】2位塾や学校の先生に相談【32票】3位家族に相談(受験生本人以外の)【26票】4位同じ受験生のいる保護者に相談【19票】5位不安に感じたことはない【13票】

まず、ダントツで票数を集めたのは「子どもと話し合う」でした。また、全体を見ると誰かしら身近な人や、先生、同じ境遇の人に相談をする保護者が多いこともわかります。「不安に感じたことはない」が13票もあるのは結構おどろき!?

本人と向き合うのがイチバン!子どもと話し合って解消。

誰かに相談して意見や知識をもらう。

研究所からのアドバイス

受験についてはお子さん自身はもちろん、保護者のみなさんも不安が尽きないでしょう。そんなときはまず本人と向き合ってみてください。受験に対するお子さんの気持ちを知っているか否かによっても、不安の大きさはずいぶんと変わってきますよ。それから、必要なときにはまわりにも相談してみてくださいね。昔と比べて入試制度も大きく変わっているので、親の常識が今では非常識になっていることもあります。自分1人だけで解決しようとせず、必要な知識は受験のプロであるに聞いてみるのもオススメです。

研究所Top

注目のトピック

参考サイト

オススメ情報

ページトップへ戻る