「受験のフツー」研究所 これからの受験生必見、受験の体験談やホンネを大分析!
研究所Top
  • LINE
  • twitter
  • facebook
保護者の後悔に学ぶ「こうすればよかった」。
先輩保護者が1年前を振り返って後悔していること

子どもが受験生になったとき、親はどう向き合ったらいい?そんな保護者の不安を「受験のフツー」研究所がデータで解決!
子どもが受験生だった時、先輩保護者たちはどう接していた?今回の研究は「先輩保護者たちの後悔」に注目し、「もっとこうすればよかった」を考えます。 ※2016年10月~2017年3月で受験を経験した、現在高校生・大学生のお子さまをもつ保護者100人を対象に調査しました。

研究所からのアドバイスはコチラ

第1位 もっと子どもを信じて、まかせればよかった。【17票】

第2位 もっとしっかりフォローしてあげればよかった。【9票】

第3位 もっと早くから動くべきだった。【7票】

第4位 もっと厳しく接すればよかった。【3票】

研究所からのアドバイス

先輩保護者たちが、1年前の自分に言っておきたいこと、いかがだったでしょうか。なかなか本腰を入れてくれないお子さんに気をもむ人、心配しすぎてつい口を出しちゃう人、実は保護者もストレスを感じているんですよね。でも一番ストレスを感じているのは本人です。子どもの性格を考慮した上、適度な距離感を保つよう意識してみてはいかがでしょう。それでもどう接していいかわからない方は、の先生に相談してみるのもおすすめですよ。

研究所Top

注目のトピック

参考サイト

オススメ情報

ページトップへ戻る