「受験のフツー」研究所 これからの受験生必見、受験の体験談やホンネを大分析!
研究所Top
  • LINE
  • twitter
  • facebook
親の常識はもう非常識かも!?昔と今の受験生、何が違う?
親の常識は子どもの非常識!?こんなに違う、受験の今と昔

子どもが受験生になったとき、親はどう向き合ったらいい?そんな保護者の不安を「受験のフツー」研究所がデータで解決!
受験のシステムやあり方が20~30年と大きく変わっているって知っていましたか?今回は、保護者が戸惑った今と昔の「受験の違い」についてです。 ※2014年10月~2015年3月で受験を経験した、現在高校生・大学生のお子さまをもつ保護者100人を対象に調査しました。

研究所からのアドバイスはコチラ

心配?でも言い過ぎ?勉強しなさいと責めるような言葉【22票】
その2 数年ごとに変化する 公立高校の入試制度
その3 昔はスマホなんてありませんでしたね… ネットやメールで受験対策
その4 これって過保護?とにかく親の出番が多い!?
研究所からのアドバイス

時代によって変化していく受験制度、イチから情報を集めるのは保護者の方にとっては大変なこと。お子さんはもちろん、親も受験に対していつ何をすべきかを教えて欲しいことが多いものです。今、こうした役割を担っているのが学習塾の存在。お子さんの学習状況を保護者と共有し、志願校数や志願票の書き方対策などから、受験の知識やノウハウまで親身になって指導してくれます。複雑な受験システムへの対策を考える上で、困ったら受験のプロに相談をしてみるのもひとつの方法です。

研究所Top

こんな記事も読まれています。

参考サイト

ページトップへ戻る