「受験のフツー」研究所 これからの受験生必見、受験の体験談やホンネを大分析!
  • Facebookをフォローする
  • Twitterをフォローする
  • Powered by 東京個別指導学院
「受験のフツー」研究所 これからの受験生必見、受験の体験談やホンネを大分析!
研究所Top
  • LINE
  • twitter
  • facebook
やるべきか?やらざるべきか?受験科目以外の定期テストの勉強。
受験に関係ない科目の定期テスト、先輩たちはどうしていた?

人生の中でも大事な受験の時期、みんなはどうしてる?そんな受験生の不安を「受験のフツー」研究所がデータで解決!
たとえ受験科目以外であっても、勉強しなければならない定期テスト。「受験に向けた勉強に集中したいのに」と悩ましく思っている人も多いのでは?今回の研究は、定期テストと受験勉強のバランスについて調べてみました。 ※2016年10月~2017年3月で受験を経験した、現在高校生・大学生の男女100人を対象に調査しました。

研究所からのアドバイスはコチラ

Q.受験に関係ない科目、定期テストではどのくらい勉強した?

2つのタイプに見る第1志望合格の傾向

「定期テスト前は全力で勉強していたので評定はある程度よかったのですが、模試になるとまるで点数が取れなかった。(大学1年・女子)」

定期テストに力を入れすぎて失敗したという例です。この先輩はその後、塾の先生が作った勉強計画に沿って受験勉強に取り組んだ結果、模試の得点も順調に伸び、偏差値も20近く上がって、みごと志望校に合格したそうです。

研究所からのアドバイス

受験勉強と定期テストの勉強、どちらも大切ですが、両方しっかりこなすのはなかなか難しいもの。でも、高校受験と大学受験では多少様子が異なります。高校受験の場合は内申点も重要になるので、定期テストも手を抜かず勉強することが、合格への近道に。でも、大学受験の場合、推薦入試では評定も評価対象となりますが、一般入試の場合は評定が評価外となることがほとんどです。自分がどのような受験をするかで、定期テストへの注力のしかたが変わりますね。とは言うものの、受験科目ばかりがんばった結果、定期テストは赤点で追試、なんてことになったら目も当てられません。の先生に効率のよい勉強法を聞いてみるのも1つの手ですよ。

研究所Top

注目のトピック

参考サイト

オススメ情報