「受験のフツー」研究所 これからの受験生必見、受験の体験談やホンネを大分析!
  • Facebookをフォローする
  • Twitterをフォローする
  • Powered by 東京個別指導学院
「受験のフツー」研究所 これからの受験生必見、受験の体験談やホンネを大分析!
研究所Top
  • LINE
  • twitter
  • facebook
恋愛パワーで受験は乗り越えられるのか?
第1志望校に受かったのは恋人いた人?いなかった人?

人生の中でも大事な受験の時期、みんなはどうしてる?そんな受験生の不安を「受験のフツー」研究所がデータで解決!
受験と恋愛は、両立できる?できない?受験生の恋愛事情を、合格した先輩たちに聞いてみました! ※2015年10月~2016年3月で受験を経験した、現在高校生・大学生の男女100人を対象に調査しました。

研究所からのアドバイスはコチラ

第4位 受験勉強ですれちがいに…付き合っていたけど、別れた【7票】

よりによって受験期に別れてしまったという悲しい経験をした先輩たち。この中で第1志望に合格したのは28.6%という切ない結果に。ちなみに、途中で志望校を変えて受かった人は42.9%。元は2人で同じ学校を目指していたけど、別れを期に進路変更したとか?…なにやらドラマを感じてしまいますが、どんなときも、勉強と恋愛は気持ちを切り替えて!引きずってしまうタイプの人は要注意。

第3位 リア充は勝ちなのか!?恋人がいて、今も付き合っている【9票】

意外や意外、受験中に恋人がいて、いまもラブラブな関係が続いているうらやましい人が9票も。しかし、残念なことに半分以上の人が、第1志望校の受験に失敗しているという結果でした。メールの頻度やデートのペースなど、お互いにルールを決めて、メリハリあるお付き合いができるといいかもしれませんね。

第2位 合格まで気持ちは封印。片思いのまま、受験勉強に集中した 【31票】

あの人に向けた気持ちもぐっとこらえ勉強第一に。そう答えた受験生は31人で、そのうちおよそ半数が第1志望校に合格しています。やはり受験は孤独との戦い、合格を勝ち取れた後に存分に恋愛を楽しむのが正解かもしれません。第1志望校に合格できれば、意志の強さや、ひたむきに努力する姿をアピールできるかも?

第1位 実は多数派、好きな人はいなかった【44票】

なんと半数近くの受験生が、好きな人がいなかったとのこと。えーっ、これってちょっとさびしくない?と思ってしまう結果ですが、受験という大きな試練を目の前にすると、恋する余裕もなくなるのでしょうか。ちなみに、このグループの第1志望合格率は47.7%。この数字、あなたはどう見ます?

失恋はつらいもの。フラれた上に、第1志望に落ちてしまったら、目もあてられませんぞ!悔しさをバネにしっかり勉強に打ち込み、明るい未来をゲットしてください!

研究所からのアドバイス

先輩受験生たちの恋愛事情、参考になりましたか?貴重な青春の時間、恋愛も勉強も大切に過ごして欲しいと思います。とはいえ、受験は自分の将来に直結する大イベント。恋人がいる人はしっかりルールを決めて、いない人はじっくり勉強に取り組むチャンスと考え、勉強第一に行動しましょう。その上で「個別指導」の塾なら、授業中は先生と1対1なので、余計なことを考えず学ぶことができます。集中せざるを得ない環境に身を置けば、自然と学習の効率も上がりますよ。

研究所Top

こんな記事も読まれています。

参考サイト