「受験のフツー」研究所 これからの受験生必見、受験の体験談やホンネを大分析!
  • Facebookをフォローする
  • Twitterをフォローする
  • Powered by 東京個別指導学院
「受験のフツー」研究所 これからの受験生必見、受験の体験談やホンネを大分析!
研究所Top
  • LINE
  • twitter
  • facebook
志望校選び、保護者はどんなことに注目してる?
志望校選びの決め手はコレ!保護者が注目したことベスト5

子どもが受験生になったとき、親はどう向き合ったらいい?そんな保護者の不安を「受験のフツー」研究所がデータで解決! そろそろ決めておきたい志望校。親として見ておくべきポイントを押さえるために、受験生の保護者が志望校選びで注目したことを調査しました。 ※2015年10月~2016年3月で受験を経験した、現在高校生・大学生のお子さまをもつ保護者100人を対象に調査しました。

研究所からのアドバイスはコチラ

注目度のダントツ1位は、「通いやすい学校」かどうか。

1位 立地・距離・通いやすさ【42票】 2位 進路・進学・就職実績【27票】 3位 子どもの希望【17票】 4位 学費【12票】 5位 環境・校風・雰囲気【10票】

注目すべきポイントとして、保護者はまず「立地・距離・通いやすさ」を見ているという点が1つ。続いて「進路・進学・就職実績」に関して注目が集まりました。志望校選びで保護者が見るべきこととして、入学後のお子さんの「日常」と「将来」の両方に目を向けることが重要だと言えそうです。

やっぱり、優先すべきは子どもの意思!

合格は、ゴールじゃない。進学・就職実績も要チェック!

通いやすさは、学校生活での「心のゆとり」に。

研究所からのアドバイス

いかがでしたか?今回のアンケートでは約4割の家庭が、立地や距離など通いやすさをとくに重視しているという結果になりました。1人暮らしともなると学費に加えてさらに多くの費用がかかることもあり、男女に関係なく自宅通学を望む声が目立ちます。お子さんの学びたいことや将来の夢など、本人の意思を尊重した上で通いやすい学校はどこなのか。学校の情報を多く抱えているに相談してみるのもオススメです。

研究所Top

こんな記事も読まれています。

参考サイト