「受験のフツー」研究所 これからの受験生必見、受験の体験談やホンネを大分析!
  • Facebookをフォローする
  • Twitterをフォローする
  • Powered by 東京個別指導学院
「受験のフツー」研究所 これからの受験生必見、受験の体験談やホンネを大分析!
研究所Top
  • LINE
  • twitter
  • facebook
子どもが受験生のとき、これだけはやっておくべきことってどんなことがある?
子どもを合格へ導くために親が意識すべき3つのこと

子どもが受験生になったとき、親はどう向き合ったらいい?そんな保護者の不安を「受験のフツー」研究所がデータで解決!
受験生の子どもがいるとき、親としてこれはやるべき!という行動や心構えにはどんなことがあるか、先輩保護者たちに聞いてみました。 ※2014年10月~2015年3月で受験を経験した、現在高校生・大学生のお子さまをもつ保護者100人を対象に調査しました。

研究所からのアドバイスはコチラ

第3位 栄養あるごはんで合格へ!体調管理に気を配る【14票】
第2位 説明会は、親も参加!情報収集を積極的にする【15票】
第1位 やたらと口出ししない!子どもを信じて見守る【28票】
研究所からのアドバイス

先輩保護者の意見で共通していたのが、親は直接的に手を貸すのではなく、裏方としてサポートするという点でした。お子さんの意思や考えを尊重するのは大前提として、栄養満点のごはんをつくったり、あたたかく見守ることが何にも増して大切なのですね。そして、必要なサポートをするためにも学費や奨学金・入試日程など最低限の情報収集はしておきましょう。説明会のときに直接志望校に相談するのも有力な方法です。また、ならいつでも相談可能なので、学校情報など気になったときに聞いてみるのもオススメですよ。

研究所Top

こんな記事も読まれています。

参考サイト

オススメ情報