「受験のフツー」研究所 これからの受験生必見、受験の体験談やホンネを大分析!
  • Facebookをフォローする
  • Twitterをフォローする
  • Powered by 東京個別指導学院
「受験のフツー」研究所 これからの受験生必見、受験の体験談やホンネを大分析!
研究所Top
  • LINE
  • twitter
  • facebook
実は親もけっこう大変!?子の受験のために、どんなガマンが必要なのか。
子どもには絶対言わない、受験生の親のガマンとは?

子どもが受験生になったとき、親はどう向き合ったらいい?そんな保護者の不安を「受験のフツー」研究所がデータで解決!
受験生の子どもがいるとき、親も気をつかう場面が多いもの。今回は、先輩保護者たちがどんなことをガマンしていたかを調査しました。 ※2015年10月~2016年3月で受験を経験した、現在高校生・大学生のお子さまをもつ保護者100人を対象に調査しました。

研究所からのアドバイスはコチラ

子どもが受験生のとき、どんなことをガマンしていた?

1位 生活リズム(起床・就寝・食事の時間)【44票】2位 自分の予定・スケジュール【35票】 3位 ショッピングなど外出【27票】 4位 テレビ【25票】 5位 趣味・習いごと【10票】

起床や就寝・食事の時間などの生活リズムを、お子さんに合わせていた家庭が多いようです。また、自分の予定やスケジュールなども後回しにしていたという保護者の姿も見えてきました。ちなみに、ガマンしたことはないと答えた声は40票。家に受験生がいても普段通りに過ごせている保護者も多いようです。

何より勉強環境のため!生活リズムは、子ども中心に。

ムリをしすぎず、親も息抜きをすること。

研究所からのアドバイス

トータルで見ると、気をつかって過ごしていた保護者が多いというのが事実。とはいえ、子ども側の本音としては、親にはいつも通りに接して欲しいと感じているものです。ムリをしていることが伝わると、お子さんがプレッシャーを抱えてしまうことも…。受験の悩みは保護者だけで抱えず、親子の向き合い方を第三者に相談してみるのも手。の先生など、お子さんを見てくれる第三者の大人の存在があるとずいぶん心強いものですよ。

研究所Top

注目のトピック

参考サイト

オススメ情報