「受験のフツー」研究所 これからの受験生必見、受験の体験談やホンネを大分析!
  • Facebookをフォローする
  • Twitterをフォローする
  • Powered by 東京個別指導学院
「受験のフツー」研究所 これからの受験生必見、受験の体験談やホンネを大分析!
研究所Top
  • LINE
  • twitter
  • facebook
受験に対する夫婦・父親の役割とは?
父親は子の受験に協力的?母親のホンネをのぞいてみた!

子どもが受験生になったとき、どう向き合ったらいい?そんな保護者の不安を「受験のフツー」研究所がデータで解決!
家族の支えも重要になる受験勉強。上手く夫婦でサポートするためにはどんなことが必要か調べてみました。 ※2015年10月~2016年3月で受験を経験した、現在高校生・大学生のお子さまをもつ保護者100人を対象に調査しました。

研究所からのアドバイスはコチラ

子どもの受験、夫婦間で意見が食い違ったことはある?ない?

実際は「ない」と答えた母親が67人。「子どもの意見を尊重した」という声と合わせると、7割以上の家庭が、夫婦間で意見が食い違うことはなかったという結果になりました。なんだ、それなら大丈夫じゃないか…と、安心するのはまだ早いですよ。実際「あった」と答えた家庭ではどんなことで食い違いが起きていたのでしょうか。思い当たるフシは、ありませんか?

お金のことや接し方まで、こんなところに食い違いが!

父親には、こうして欲しかった!

母親のこころ、父親知らず…。

研究所からのアドバイス

共働きの家庭も多い昨今、受験のフォローのしかたも夫婦で役割分担を決めましょう。そのためには、お子さんの気持ちも加味しながら夫婦で話し合いをすることが重要。親としての考えを共有しておくことが、家族で受験を乗り越えるポイントとなります。受験は山あり谷ありで、悩みが尽きません。もし、お子さんの勉強や進路のことで意見が食い違ってしまったら、に相談するのもひとつの方法です。親が突っ走っていても、やはり受験をするのはお子さん本人。親は縁の下の力持ちとして、お子さんのメンタルを支えたり、がんばる意欲を持てるようフォローしたりすることが大切ですよ。

研究所Top

こんな記事も読まれています。

参考サイト